車査定前にやってはいけないこと!やってしまうと高く売る目的とは逆効果に!

タイヤ交換にバッテリー交換等、車の消耗品に関して新規交換などの経験は誰しもがあることかと思います。

皆さんのご想像のとおり、タイヤでもバッテリーでも使い古されたものより新しいもののほうが査定上は良いわけです。

でも問題になってくるのが、これから車を査定してもらおうという時に、そういった消耗品関係を新品に交換してから売ったほうがいいのか?というと実はそんなことはなく話は少し変わってきます。

なぜなら、それらは買取価格にはあまり影響されることはなく、むしろそういった車のメンテンナンスは普通やってあるよね!くらいにしか買取業者は思わないからです。

もしも買取金額に関係してくるとすれば、タイヤで言えばワイヤーがむき出しになるほどすり減っていてスリップサインも出てるよとか、エンジンが動かないくらいバッテリーが充電できてなかったりすると査定額の減額に直結するんですが、

仮にタイヤの新商品が売り出されたからといって、その新商品に交換したからといって査定額アップになるということはないんです。

実はこれ、以前自分がやってしまった実体験なんですが、その時の買取業者の方には「これで買取金額が高くなることにはなりませんので、次に車を売却する時には正直交換しないほうがいいですよ!」と言われたお話なんです。

そうなんです、タイヤについてもバッテリーについても車の消耗品関係については、車査定の前に交換する必要性などは全く持ってない!ということです。

言うまでもないかもしれませんが、使用歴の長いタイヤやバッテリーよりも比較的新しいタイヤやバッテリーの中古車のほうが、その査定金額も高くなる傾向にあるようですが、その交換の為に支出した代金ほど査定額が高くなるということは基本的にありませんので、やればやるだけ逆効果になる。

もっと簡単に言えば損してしまうだけということです。

損しないためには大切な車の消耗品関係の交換について説明させて頂きましたが、今まさに車を買い替えるつもりだという人は、くれぐれも無駄に損してしまうことのないように、車の消耗部品関係については交換などせずに査定してもらうようにしてくださいね。